【セルフケア】股関節伸展ストレッチ

現代人の生活はデスクワークが多く、

ずっと曲げていた股関節が反らしにくくなる傾向にあります。

股関節は前に曲げる可動域(屈曲)が125度

後ろに反らす可動域(伸展)が15度と、元々反らしの可動域は狭いです。

 

股関節屈曲伸展ROM.png

 

しかしこの股関節の反らしは非常に重要な役割を持っています。

歩く時や走る時に、地面を後方に押して体を前方に運ぶという役割です。

股関節の反らしが不足している場合、どのような事が起こるでしょうか?

股関節と腰は、様々な動作において協働関係にあります。

よほど意識しない限り、股関節を反らす時には腰も反り、

股関節を曲げる時には腰も丸まります。その逆もしかりです。

 

股関節の反らしが不十分な時、

歩行の際にサボってる股関節をサポートして腰を過度に反らしながら歩く事になります。

可動域が低下した股関節は、腰椎からすると仕事の出来ないパートナーのようなものです。

仕事量が増えて腰椎にダメージを蓄積させる事になります。

 

 

そこで、長く座っていた後には股関節を反らすストレッチをして、股関節伸展可動性を回復させましょう。

股関節伸展ストレッチ

股関節伸展ストレッチ.png

@片脚立て膝で床に膝をつく。

A骨盤を後傾させる。 

B前足に重心をかける。

股関節伸展ストレッチの動画はこちら